三井住友銀行 年収

スポンサーリンク

三井住友銀行 年収

就職活動をする学生の中には、三井住友銀行の年収が意外と低くて驚く人も多いようです。

 

まず大卒初任給の20万円前後というのは、他の銀行と比べてもそれなりの水準です。
しかしこの後、30歳で平均650万、全社員平均で750万円前後と、だんだんと他の金融機関に差をつけられていっているように見えます。
大手では1,000万を越えることも珍しくない金融業界にしては、予想外の数字に思われます。

 

そこでインターネットに公開されているこれらの情報を詳しく見てみると、社員の平均年齢が比較的若いことに気付きます。
他の大手銀行では平均40歳くらいなのですが、三井住友銀行は33〜35歳となっています。

 

銀行の一般的な傾向として、一般職は年収が低く、総合職でも入社数年はそれほど貰えないところが多いようです。
30代の終わりごろに役職が付いて役職手当などで大きく加算される人が多いことを考えると、
平均年齢の若さも、データに表れる年収の低さに影響している気がします。

 

そう考えると次は、平均年齢が低くなっている理由が気になります。
転職サイトを見てみると、やはり仕事についていけず転職していく人も多いようです。
残業はあまり無いとのことなので、体力の問題ではなさそうです。
求められるスキルの水準が高い、ノルマが厳しい等の理由で、若くして限界を感じる人が多いということでしょうか。

 

個別に見てみると、三井住友銀行で年収1,000万円を稼ぐ人も確かにいるようです。
年収が高い層の人数が少なく、全社員の平均年収を押し上げるまでに至らないという事情なのかもしれません。

スポンサードリンク