タカラスタンダード 年収

スポンサーリンク

タカラスタンダード 年収

タカラスタンダードは、システムキッチンや浴槽など住宅の内装を手がける企業です。
10万円以上の商品を幾つも取り扱っていますが、意外にも、年収に不満という社員の声が多く聞こえます。

 

大卒の初任給は営業が22万円、技術で20万円、事務ならば18万円です。
むしろ良い方に思えますが、ここからの伸びが鈍いようです。
30歳の平均年収は450万足らず、平均年収も550万前後というデータがあります。
管理職層である50歳代でも、700万円程度に留まっているという話も聞きます。

 

理由としては、営業成績や会社全体の業績にあまり関わらず、昇給のペースや賞与が毎年同じという点が挙げられそうです。
昇給の額も、かなり僅かという話です。
具体的な数値は見つけられませんでしたが、複数の話を総合すると、5,000円〜10,000万円のペースと推測されます。
入社直後は何とも思わなかったが、30歳前になって同級生と差がついていることに気付いた、という声が多いようです。

 

昇進に関する評価もほぼ完全に年功序列であり、どちらかというと製造業寄りの社風に思えます。
実際にホーロー製品の製造から出発した企業ですので、昔の気風がまだ残っているのかもしれません。

 

そのためか、人事や年収について不満を述べる意見は、ほとんどが営業畑の社員から出ているようでした。
技術・事務職の方は、タカラスタンダードの待遇は業界の中では標準的であり、大満足ではないが不満もないと考えている人が多く見られました。
創業から100年を迎えたことで、今後変革が行われていくのか、注視する必要がありそうです。

スポンサードリンク