日本政策金融公庫 年収

スポンサーリンク

日本政策金融公庫 年収

銀行や信用金庫と違い、日本政策金融公庫は日常生活であまり馴染みの無い金融機関ですが、
金融業界での就職や転職を考える方なら一度は候補に入れたことがあるのではないでしょうか。
民間銀行の安全神話が崩壊した現在、政府系の日本政策金融公庫が持つ安定性を魅力と感じる人も多いようです。

 

気になるのは年収ですが、大学以上の卒業で、初任給は18万円となっています。
ボーナスも特に多いわけではなさそうですし、年を追って給与も賞与も下がる傾向にあるそうです。
最近は公務員の給料をカットする風潮もありますが、日本政策金融公庫でも同じような影響が出ているのでしょうか。
とにかく稼ぎたくて金融業界を目指す人にとっては、微妙なところかもしれません。

 

次に年収の伸び具合ですが、こちらは他の金融機関と変わらないようです。
30歳で500万円台半ば、全社員の平均年収は800万円を越えるくらいです。
ちなみに在籍社員の平均年齢は40歳で、職位手当が付き始めるあたりから、大きく伸びていくということでしょう。

 

給料に関係する残業代についてですが、日本政策金融公庫の残業は、民間の金融機関と比べれば若干多いようです。
もちろん残業代は出るようですが、全部はつかないケースがあるとのことです。
また、仕事の大変さの割りに給料が伸びにくいという声もあります。
役所などいわゆる国の組織にありがちな話ですが、実績と連動して給料が伸びていくというよりは、
上司に可愛がられる人が出世しやすいということかもしれません。

スポンサードリンク