マッキンゼー 年収

スポンサーリンク

マッキンゼー 年収

世界有数のコンサルティング会社であるマッキンゼーは、所属コンサルタントの平均年収1,000万〜1,200万円とも言われます。
仕事は非常にハードで、勤続年数は長くて10年と、あくまで長いキャリアの1ステップと考えている人が多いようです。
特に外資系企業で経験を積んでいきたい人には、良いステップとなるのではないでしょうか。

 

マッキンゼーに新卒で入社すると、まずはアナリストという職に就き、事業や経営の分析業務を行います。
これは、他の多くのコンサルティング会社も同様です。
この時点で、マッキンゼーでは少なくとも年収450万円が貰えるようです。
あくまで採用されればの話ですが、同世代の新卒に大きな差をつけられますね。
MBAや博士号などの資格を持っていると、更に上乗せされるようです。

 

ここから能力に応じた報酬や賞与などで年収が伸びていき、30代で1,200万円くらいになるそうです。
もちろん、ここまで生き残るだけでも相当な努力が必要と思われます。
大きなプロジェクトのリーダー格であるパートナーという地位に就き、数億の年収を稼ぐ人もいます。

 

マッキンゼーはMBA留学など研修制度が充実していることでも知られています。
この会社を志望する人は、年収と言うより、それらの制度や仕事で得られる経験を目当てにしている場合がほとんどのように思います。
日本人でマッキンゼーに在籍していた人は、マッキンゼー卒業生という呼び方でメディアに登場することも多いですね。
様々なプロジェクトを率いた経験を活かしてビジネス書を著したり、起業したりする人がたくさんいるようです。

スポンサードリンク