三菱重工業 年収

スポンサーリンク

三菱重工業 年収

製造業の中でも造船や航空などの重工業は、年功序列の傾向が大変強いと言われています。
機械系の技術は経験による学習が特に重要で、企業も熟練工を大切にしようとするためです。
歴史の長い重工業会社である三菱重工業株式会社においても、その傾向は顕著なようです。
中途でなく、新卒で入社した人の方が出世しやすいと言われていますので、年収向上のため転職を考える人は要注意かもしれません。

 

三菱重工業の平均年収は30歳前後で500万円半ば、そこから5年ごとに100万円ずつ上がっていき、40代で800万円近くになるのが一般的なようです。
大手製造業としては、それなりの水準と言えますね。
年収のほとんどは賞与が占め、およそ半年分が支給されるそうです。

 

また、冒頭で述べた点と矛盾するようですが、三菱重工業のような大手企業は中小企業よりも成果主義の導入に積極的な傾向があります。
理由としては、日本を代表する企業として新しい時代についていく意識が強いことと、世界中に事業拠点を有するため、
会社のシステムがグローバルスタンダードに近づく流れにあることが挙げられます。
重工業界の、ベテラン重視という性質が急に変わることはないでしょうが、今後少しずつ実力主義の評価システムが増えていく可能性はあります。

 

重工業は国や政府が絡んだ受注も多く、年収以上にその安定性が魅力という人も多いでしょう。
入社後2,3年で海外に出向き、大規模プロジェクトの取りまとめを行う社員もいると聞きます。
そのようなプロジェクトで成果を残せば、きちんと賞与に反映されるシステムはあるようです。

スポンサードリンク