足利銀行 年収

スポンサーリンク

足利銀行 年収

足利銀行は、栃木県内の企業の約半数がメインバンクとして活用していると言われています。
年収は平均して550万円程度と、金融業界にしては少ないと思われる人がいるかもしれません。
けれどもこれは栃木県の平均年収を100万円程も上回っている額ですので、一概に安いとは言えないでしょう。
2003年に破綻し一時国有化された後、しばらくはボーナスも出ない状況だったそうですが、今は少しずつ出ているという噂です。

 

新卒採用の場合、足利銀行の初任給の手取りは18万ないし20万円で、短大卒ですと16万円前後のようです。
地方都市で暮らしていくには、ごく平均的な給与と言えるでしょう。
残業代はきちんと付くそうですが、経費節減のため、そもそも残業自体が少ないようです。

 

30代から40代にかけて給与が上がり、600万円を越えるくらいになるそうです。
当然ですが最終的な額は、その時の役職や仕事内容に左右されます。
足利銀行は福利厚生の種類が多く、子供の人数や単身赴任かどうか等で、もらえる手当の額が大きく違ってきます。
役職手当も付くそうなので、定期昇給というより、肩書きが変わるごとに年収が大きく伸びていく人が多いそうです。

 

支店長級になると年収1,200万円前後の人も少なくないと聞きます。
もちろん全員が到達できる立場ではありませんが、これを目標として昇級試験やノルマ達成に励む人も多いのでしょう。

 

足利銀行のような地方銀行は、勤務先がある程度決まっていて、地元の近くで暮らせる点に魅力を感じている人が多いようです。
実家から通勤することができれば、同じ年収でも実質的な収入は多くなりますね。

スポンサードリンク